腰痛でお困りなら名古屋市の整体院-AQUA-

ブログ

2023/09/18(月)

脊柱管狭窄症の手術適応症状とは【名古屋 金山にある整体院 -AQUA-】

カテゴリー:すべり症, 反り腰, 手術, 手術適応, 脊柱管狭窄症, 腰痛

 

 

 

脊柱管狭窄症は、腰痛下肢の痛みを引き起こす一因となる病態であり、症状が進行すると手術が必要な場合があります。

 

 

 

今回は、脊柱管狭窄症の手術適応症状について分かりやすく説明します。

 

 

  • 歩行困難や脚のしびれ、弱さ

    脊柱管狭窄症が進行すると、脊髄や神経根が圧迫され、下肢の痛みしびれ脚の弱さが現れる場合があります。これにより歩行が困難になることがあります。

 

 

  • 尿や便のコントロールが難しくなる

    重度の脊柱管狭窄症では、脊髄が圧迫されることで排尿や排便のコントロールが難しくなる場合があります。これは緊急を要する状態であり、早急な手術が必要です。

 

 

  • 夜間や安静時の痛み

    脊柱管狭窄症の患者さんは、特に夜間や長時間の座位や寝たきりの状態で痛みを感じることが多いです。このような症状が継続する場合、手術の検討が必要です。

 

 

  • 保守療法の効果が限られる

    脊柱管狭窄症の初期段階では、保守的な治療(薬物療法、物理療法など)が有効ですが、
    症状が進行し、日常生活に大きな制約がある場合、手術が適応となる場合があります。

 

 

  • 神経学的症状の進行

    脊柱管狭窄症によって神経症状が進行し、日常生活に支障が出る場合、手術が考慮されます。
    例えば、手や脚のしびれや筋力低下が進む場合です。

 

 

当てはまるものはありましたか?

 

 

症状を並べると少し怖いですが、これらに該当しない場合は、

手術意外の選択肢でも十分に改善が見込めるということです。

 

 

脊柱管狭窄症の手術適応は、患者さんの症状や生活への影響によって異なります。

 

 

自分での判断が難しい場合は、お気軽にご相談くださいね^^

 

 

あくまでも手術は最終手段です。

 

 

LINEで相談する

 

 

整体院 -AQUA-【アクア】

〒456-0018

愛知県名古屋市熱田区新尾頭1-6-10 金山伏見通りビル805号

080-1610-2020

 

ブログ一覧はこちら

 

最新記事一覧

 

ブログカテゴリ一覧

 

 

 

通常初回施術費15,400円のところ

初回限定お試し2,980円
(税込)

初回割引は1日1名様限定

【完全予約制】
根本から改善したい方のみ
いますぐお電話

080-1610-2020

【受付時間】10時~20時 
【定休日】不定休

 

※当院は完全予約制の為、ご予約日までにお日にちをいただく場合がございます。

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。